共和木材の家づくり

暮らしをデザインする。

それが私たち共和木材の考え方です。

 

私たちは、住宅の設計とは、建物をデザインすることだけではなく、ご家族の暮らし方を想像し、ひと家族ひと家族ごとに設計していく事が大切なことだと思っています。

ですから、設計者がご家族の想いをひとつひとつ丁寧に感じとり、「暮らし」と「心地良さ」をデザインしていきます。単なる住居を建築する会社ではなく、「世界にひとつの家づくり」を建築していく会社でありたいと考えているからです。

ご家族ならではの暮らしを楽しむ住まいを丁寧に設計・施工していくことが私たちの家づくりです。

時代が住まいに求める「性能」を実現するために、共和木材では高性能断熱材を採用、「高気密高断熱住宅」を実現しています。気密性能を表す隙間相当面積C値は、1㎠/㎡以下を基準とし、全棟気密測定を行っています。断熱性能を表す外皮平均熱貫流率(UA値)も0.6W/㎡Kと次世代省エネルギー基準0.87を下回る数値(数値が小さい方が性能がいい)で高断熱性を実現しています。

アルミ樹脂複合サッシや木製サッシなどの高性能サッシとの相乗効果により、光熱費の削減はもちろん、結露のない健康で快適な住環境づくりに貢献します。さらに地元埼玉県産のヒノキやスギの無垢材や珪藻土などの自然素材を多用することで、心地よい肌触りや香り、視覚的な楽しさなどを提供。

材木屋だからできる木材の良さを思う存分に実感していただけます。

また共和木材で地震対策として「制震ダンパー」や「減震装置」を装備可能。構造躯体は建築基準法の1.5倍の強さを標準としています。

 

住宅性能 + 資金計画で安心を手に入れる

いつまでも快適に、

いつまでも家族みんなが心地よく、

将来の先まで考えて。

 

はじまりの“資金計画”から、家族の命を守る“耐震性能”、ストレスのかけない“動線設計”、目では見られない“構造”、そして、快適でいられるだけでなくランニングコストも抑える“断熱性”にいたるまで。
長く住んでいただくからこそ、ちゃんと考えていきたい。
共和木材では、お客様のご要望をお伺いしながら、プロとしてのご提案をさせていただきます。

 居心地の良い空間でいたいから

 「冬暖かく夏涼しい」基本環境、暮らしを楽しむ心地よい空間、住み継いでいける耐久性。それらを兼ね備えた住宅建築をしたいと考え、基本性能にこだわっています。

一年中過ごしやすい空間をご提供するために、共和木材ではウレタン吹きつけという断熱材を採用。現場にて直接住宅の内側から施工し、高い断熱性能と優れた機密性能を実現してくれます。また、長い年月かかったとしても、断熱性能はほとんど変わりません。日本のように夏暑く、冬寒い季節を繰り返すと、なにかしらエアコン等を使わなければならない時もあるかと思いますが、家自体が夏の暑い熱を遮断し、冬の冷たい外気を暖めてくれるので、省エネ効果も抜群です。

 光と風を設計し、選び抜いた素材を組み合わせ、高い施工品質で工事をしています。
これらにこだわる家づくりを行うことで、生涯コストを少なくし、 資産価値の高い家を建築すること。
それが共和木材の大切にしている家づくりです。

 

耐震

心から安心できる、住宅として

日本では、耐震・制震・免震という技術は、家づくりを行なう上で大切なことだと考えております。

これから何十年と大事な家族と暮らしていくマイホーム。長く住み続ける事を前提に建てるのですから、長く快適に暮らせる家づくりを行うのが私たちの使命だと考えております。

共和木材でおこなう耐震対策は、基本的な事を忠実に、そして考え抜いてシンプルに「強く」「支えるを」を実現したものです。
家づくりの基本となる土地や基礎の工事、建物を支える柱や床、壁などといった部分をしっかり造る事。これこそが一番大切なことだと考えています。

 

家族をつなぐ間取り

一棟一棟、注文建築だからできる、お客さまのご要望に応じた間取りを考えプランニングしていきます。
どんな風に生活したいのかご家族の趣味、ライフスタイル、好きな料理、好きな服、好きな本など、打ち合わせの段階でいろいろお聞きして本当にどんな暮らしができる住まいがふさわしいのかを住宅の、プロとしての意見、視点を織り交ぜてお話していきます。

日本の風土に合い、現代生活に合わせた、四季折々の変化を楽しみ、緑に包まれた彩りのある暮らしができる家づくりを提案します。

  

木造在来軸組工法

 共和木材の木の家は、「木造在来軸組工法」という工法でつくられています。
「在来」ということばは、例えば2×4(ツーバイフォー)工法のような「外来」のものでなく昔から日本に伝わる伝統工法であるという意味です。また「軸組」という言葉ですが、土台や柱、梁といった木材を軸材といい、これを組んでつくっていく工法ということで、軸組工法と呼んでいます。 匠の技が生きる家づくり 共和木材がつくる木の家は職人の技術を結集して作っていきます。自社の大工から下職のとび職人、配管職人、左官、畳職人、瓦職人、板金職人に至るまで一つ一つ丁寧に仕上げていきます。

 大量生産ではなく、地場で活動しているからこそ、細やかなご要望にも臨機応変に応えていけるのです。 地域材の使用 共和木材では地域産材の「西川材」に代表される埼玉県産材を中心に使用しています。自社工場において、原木から製材し一定の期間十分に乾燥させてから木材として構造材・造作材などに使用しています。可能なかぎり地域材を使うことで「地産地消」を進め、大切な水源地である地域の山林を守っていきます。

 

完成までのSTEP

┃家づくりのご相談

まずはここから。何からはじめたらいいのかわからない方が多い家づくり。まずは何をするべきか、どんな流れで家づくりが進むのか話を聞きに来てください。メール・TEL・直接来社などお気軽にお問い合わせ下さい。

 

┃資金計画

まずは、家づくりの予算を把握しましょう!土地を買うにも予算が決まっていないと、いざいい土地が見つかっても決断できません。共和木材では資金計画セミナーでお一人お一人の資金計画を立て、失敗しない資金計画をご提案します。

 

┃ヒアリング

どんな趣味なのか、どんな持ち物があるのか、休日には何をするのか、ベッドで寝たいのか、布団で寝たいのか、今までの生活や好きなもの、好きな食べ物など何でもお話し下さい。お客様の声をお聞きするのは設計を進めていくうえでとても大事なことです。ここがしっかりできていないと、建ててみてから「こんなんじゃなかったのになぁ・・」と後悔しがちです。

 

┃プランニング

設計スタッフとの間取り・仕様について打ち合わせ。理想のお住まいが具体的になってきます。

 

┃プラン決定

打ち合わせ内容に基づいた仕様書・お見積書を提示し、契約内容をご確認頂きます。
※最終プラン・詳細プランを決定します。

 

┃ご契約

請負契約書にご署名・ご捺印頂きます。
※ご契約:決定されたプラン・仕様に基づいて請負契約を締結させて頂きます。

※契約金を受領致します。
確認申請をし確認済証後、工事着工になります。

 

┃安全祈願

安全祈願をし、工事の安全を図り工事に着手です。

※地鎮祭:神を祀って工事の無事を祈る儀式です。

 

┃上棟

 建物の骨組みができ、住まいの形が見えてきます。

※上棟:共和木材の現場管理の下、棟梁を中心に職人一同が集結し、家を立ち上げていきます。

 

┃竣工

工事が完了し、お引渡し前の確認をして頂きます。

※完成:全ての工事が完了し、いよいよ完成です。家全体のクリーニング等をおこない、引渡しの準備に入ります。

 

┃お引渡し

夢の住まいの完成!木の香り豊かな新しい生活のスタートです ♪ 

※お引渡し:私どもの手から、お客様へお引渡しになります。

 

ページトップへ