スタッフブログ

床材は無垢板カバザクラ フローリング

専務 松本 自己紹介へ
2013/07/03(水) 家づくりのこと

毛呂山町の木の家の現場です。

1階の床工事です。

1階の床は玄関からLDK の全面に無垢のカバザクラを張りつめています。1枚、幅90mmで長さ1820 mmの無垢板を張っています。先週から張り始めたのですが、面積が広いので施工の途中です。

 

 毛呂山町 注文住宅 無垢板カバザクラ フローリング

 

 この床張り工事は、当社としても、できるだけ無垢材を使用しようと、こだわっている部分でもあります。部屋と部屋の継ぎ目や玄関框との取り合わせなど、見た目が重要な箇所なので施工にも力が入ります。1枚1枚、丁寧に張っていくので、手間と時間は普通のフローリングを張るよりも何倍もかかります。

 

 毛呂山町 注文住宅 無垢板カバザクラ フローリング

  

無垢の木は、湿度や温度の変化によってふくれたり、縮んだりするため、フローリング材とフローリング材の間に、薄いスペーサーを挟み、収縮によるずれに対応できるように、均一なゆとりを持たせて張ってます。

 

毛呂山町 注文住宅 無垢板カバザクラ フローリング

 

毛呂山町 注文住宅 無垢板カバザクラ フローリング

記事一覧|2013年07月

ページトップへ