専務 松本 自己紹介へ

鳩山町で屋根のリフォーム工事をしています。

2014/04/11(金) 家づくりのこと

 鳩山町でも今週、桜が満開でした。

今、ちょうど屋根の全面リフォームをやっている現場でも鳩山町の現場でも

桜が満開です。

かなり立派な枝ぶりで、この桜を眺めたりしながら桜吹雪の中で工事を

していました。

 

鳩山町 屋根リフォーム工事

 

屋根材の葺き替え工事だけでなく、今回は下地の垂木部分から交換て、

破風板や軒天部分も交換する屋根リフォームをしていきます。 

 

鳩山町 屋根リフォーム工事

 

築40年近いお宅なので、野地板は松材です。

黒い色の部分は以前のルーフィング材のあとです。

屋根材や木くずなど細かく分別して処分しますので、屋根材や下地材を1枚1枚

丁寧に剥がしていきます。

 

鳩山町 屋根リフォーム工事

 

 以前の垂木から少し厚くして強度を上げています。屋根の形状は寄棟なので、

隅木と垂木の高さが揃うように調整しています。

 

鳩山町 屋根リフォーム工事

 

垂木と桁の間にはしっかりと垂木留めの金物で固定しています。

この垂木留めの金物は面白い形状をしていてます。

丸みの形状のお蔭で様々な屋根の勾配に対応できるので、かなり優れている金物

です。

 

鳩山町 屋根リフォーム工事

 

鳩山町 屋根リフォーム工事

 

垂木の上に野地板に構造用合板を張り、その上にアスファルトルーフィング

を2重に張って下地作りは終了です。

普通はアスファルトルーフィングは1重張りの工務店さんが多いですが、長年、

住宅を作っている経験上、共和木材ではアスファルトルーフィングを2重に張って、

少しでも雨漏りのリスクを減らしています。

1ページ (全24ページ中)