専務 松本 自己紹介へ

西川材の森から原木を出してきました。

2013/11/13(水) 家づくりのこと

毎年、何日間は山林に入り、手を入れたり、森の仕事をしています。今年は、何日かかけて、自社所有の西川材の産地である毛呂山町の森に入り、原木数百本を4tトラックで何往復もして山から出してきました。

  西川材 原木搬出

 昨年は磨き丸太の大黒柱神社の鳥居用の木を伐採しました。傷つけないために機械は使えないため手作業でトラックに積み込みなどをしたので大変だったのですが今年は量が多いのでその点は大変な作業でした。

伐採した木がすべて良質なわけではないのですが、これから建築用材を選別して製材していきます。

ですが、樹齢は100年を超える原木も大量にあり、かなり太い径の太い木や目が詰まった良質の杉材や檜材も多いので、製材してどんな感じの材木になっていくのか楽しみです。

  西川材 原木搬出

上の写真のように、原木自体の大きさはなかなかわからないですが、手と比べてみると下の写真のような感じです。ちなみに上の写真の切り株の段差はチェーンソーで伐採するときに受け口と追い口と言われるもので、伐採しやすいようにしていきます。

  西川材 原木搬出

西川材 原木搬出

西川材 原木搬出

1ページ (全24ページ中)