スタッフブログ

鳩山町のリフォーム工事

専務 松本 自己紹介へ
2013/09/30(月) 家づくりのこと

先週から鳩山町の現場で、リフォームの工事をしています。

30年ほど前に新築工事でお世話になったお施主さんです。

住宅の水廻りなどの改修工事で、リビング・ダイニングのフローリングの張替えや・キッチンの交換などです。

 

鳩山町 リフォーム

 

キッチンを取り外して床材と根太を解体しています。

壁や幅木などは残すので、傷つけないように大工さんが慎重に解体していきます。幅木は付け幅木ではなく、壁を落とし込みで施工していて一体になっていますので、壁と幅木は一緒に残します。

解体は半日とちょっとで終了しました。

 

30年前とは時代が変わり、工法も少し違うところがあります。以前はべた基礎ではなくてほとんど布基礎だったので、湿気を防ぐために防湿シートを敷き、その上に砕石を敷きつめています。

 

鳩山町 リフォーム

 

1階床下には断熱材は入っていなかったのですが、今回のリフォーム工事では大引は残して根太を交換して断熱材を入れて断熱性を高めます。

 

鳩山町 リフォーム

 

断熱材を敷き詰めて、フローリングの下地の合板を張っています。

 

鳩山町 リフォーム

記事一覧|2013年9月

ページトップへ