スタッフブログ

鳩山町でリフォーム・リノベーション ① 耐震断熱

専務 松本 自己紹介へ
2019/02/21(木) 家づくりのこと

久しぶりの現場施工のブログ更新です。

 鳩山町 リノベーション

昨年末にかけて鳩山町で大規模なリノベーション工事をしました。上の画像が仕上がったキッチンです。

耐震補強や断熱改修の工事を伴った工事だったので期間はかかりましたが、新築のように綺麗に仕上がりました。

元々、40年近く前に新築工事で依頼していただいたお施主さんなのですが、40年前と今では建築基準法が大きく変わっているので今の基準に近くなるように改修しました。

 鳩山町 リノベーション 木構造耐震補強

 耐震診断をして、補強しなければならない箇所は耐力壁と言われる筋交いが入った壁や金物補強や柱や基礎の補強をして地震に対して強くなるようにしています。

鳩山町リフォーム 吹付断熱材施工前

 断熱材もリフォームする箇所はスケルトンの状態にして、壁や天井などにアイシネンという断熱材を吹付しました。 断熱性と気密性がよくなるので今までと冬場の寒さは格段に違うと思います。

少し初期費用はかかりますが、冷暖房費などのランニングコストを考えるとお得だと思います。

 鳩山町 吹付断熱材施工後

吹付だと筋交いなどの部分にもしっかりと断熱材が行き渡るので気密性が確保しやすいです。

鳩山町 吹付断熱材施工後

 

鳩山町 吹付断熱材施工後

既存の窓枠部分にもしっかりと施工しています。こういう小さい部分もちゃんと施工しないと気密断熱性はよくならないです。こういうところは石膏ボードを張ったら隠れてしまうのですが、施工会社によっても差が付きやすいところです。

記事一覧|2019年2月

ページトップへ