スタッフブログ

専務 松本 自己紹介へ

坂戸モデルハウスの気密測定

2020/06/19(金) 家づくりのこと

断熱材の施工や穴を空ける箇所の補修が終了したので、現在建築中のモデルハウスで気密測定をしました。

第3者に依頼して測定しました。

 

 気密測定 坂戸モデルハウス

 

気密測定は、まだ一般的ではないですが、当社では新築住宅の施工の際には標準として気密測定を実施しています。

 

何のために測定するかというと、断熱性能をよくするためです。

住宅の断熱性能はUa値やQ値などの指標で評価しますが、気密性能はC値(相当すき間面積)cm/㎡という指標で評価します。

 

 気密測定 坂戸モデルハウス

 

Ua値やQ値は理論値ですが、C値は建てる現場によって1棟1棟で数値が違います。

施工精度によって、大きく変わってきます。

ですので、毎回、建築現場で測定するしかC値はわかりません。

 

気密性能がいい住宅の方が、断熱材の効果も理論値に近い性能に近づきます。

住宅にどれくらいの気密性能があるかは重要なことです。

気密性能がいいと冷暖房の効果も全然違いますす。換気する際に、よどみを軽減し空気が循環してくれるので、その点でも気密性能は重要です。

 

気密測定 坂戸モデルハウス

 

モデルハウスの測定結果は0.4cm/㎡でした。当社独自の規定だと0.5cm/㎡以下にする規定なので、測定結果としては自社基準クリアです。

隙間が少ないということは、しっかりと施工できている証しなので安心です。

実はこの気密測定は、日本では法律では義務化されてません。義務化されていないので気密測定をしている住宅会社は少ないのが現状です。

高気密高断熱を謳っている会社で、気密測定をしていないことはあり得ません。気密測定は、あくまで測定しないとわからない数値です。感覚で、これは高気密とは絶対に判定できません。

 

自分が学生の頃は、あまり気密性能のことは聞いた覚えはないです。最近は大学の研究でも色々と断熱性、気密性のことと健康に関する研究がされていて色々な論文で発表されています。

 

ここ数年、サッシメーカーでも当たり前のようにパンフレットやカタログに、気密の事が掲載されるようになりました。

 

ドイツだと法律で公表するのが決まているのですが・・・

 

もう、10年くらい前に長期優良住宅の制度ができる際に、日本でもC値の導入の検討はされていたらしいのですが、一旦白紙になったって話も聞きます。

すごく残念ですね。

 

 住まいを考えてる方には、一つの指標として選ぶ際の基準になる思いますが・・・

 

夏涼しくて冬温かいお家をご希望なら断熱材の事だけでなく、気密性に注目していただきたいです。

それと、当たり前ですが窓にも着目です。

 

窓はすごく重要です!!!

 

もちろんモデルハウスの窓も性能のいい窓を使用しているので、完成した時には見学いただければと思います。

 

記事一覧|2020年6月

ページトップへ