自然素材をおすすめする理由

1.天然木を使った家づくり

 無垢材

適度な弾力や風合いの良さや香り、その質感とともに保湿効果もある天然のムク材。

使い込むほどに本物の木だけが見せる味わい。
時間が経てば経つほど美しく、ゆっくりと色目に深みが増し、ピッタリと肌に馴染む手触りになります。

室内が乾燥すれば水分を吐き出し、湿度が高い時には水分を吸収してくれる調湿機能を持っている天然木は、季節によって反(そ)ったり、少し隙間ができたり、床鳴りもすることがありますが、これは木が呼吸し、生きている証拠。

自然の中で生きてきた天然木だからこそ、“人に調和する”様々な効果も存在するのです。

天然木が人に与える効果には、
・不均一な木目が癒しを生む「ゆらぎ効果」
・木が空気中に発散する『フィトンチッド』という香り成分による「リラックス効果」などがあります。

さらに『フィトンチッド』の効果をひも解くと、防カビ・防菌・防虫効果の他、空気を浄化・消臭する働きなども存在します。天然木は自然と人を調和させる最高の材料なのです。

 

2.自然素材

シラス壁

シラス壁

シラス壁の特徴
シラスは南九州の鹿児島県、宮崎県から採取される土です。
シラス壁の特徴としては
 ● ペットやタバコなど、室内にこもるイヤな臭いをすばやく消臭
 ● 室内の湿度をコントロール。冷暖房効率アップで光熱費を節減
 ● 結露を抑えてカビやダニの発生を防止
 ● 化学物質ゼロ、殺菌・空気清浄化作用
 ● シラスならではの素材感が豊かな風合い
などの効果があります。

 

珪藻土

珪藻土とは藻類の一種である植物性プランクトンの珪藻が海や湖沼に堆積することにより形成されたものです。単細胞植物性プランクトンである藻類は、水中に溶存するシリカを特異的に取り込み蓄えることで多孔質の細胞壁を作り出します。
珪藻土

珪藻土の特徴
調湿      結露を抑えダニやカビの発生を抑制します。
吸着・分解   ホルムアルデヒドを吸着し無害化します。
悪臭吸着    生活臭・ペット臭などを吸着します。
断熱効果    珪藻土は熱伝導率が低いので断熱効果があります。 
吸音・遮音性 無数の気孔が音を吸収し防音効果があります。
耐火性      珪藻土の主成分SiO2は断熱効果・耐火性に優れます。

漆喰
漆喰とは日本の伝統的な塗り壁材のひとつです。一般的には消石灰と糊、麻などのスサを練り合わせて材料を作ります。添布後、空気中の二酸化炭素を吸着・反応して炭酸カルシウムを生成しながら硬化し、強い壁面を形成することから外壁の塗り壁材として古くから親しまれてきた壁材です。日本では寺院建築の内外装や民家の蔵などに広く用いられています。最近ではエコ住宅の部屋の仕上げ材としてまた見直されてきている壁材のひとつです。

漆喰の特徴
吸着  ホルムアルデヒドや二酸化炭素の吸着効果があります。
調湿  結露を抑えダニやカビの発生を抑制します。

 

ページトップへ