家づくりを検討している方に、どうしても知っておいていただきたいことがあります。
その知っておいて欲しいこととは・・・

 

人生で一番高い買い物は「家」ではありません。「住宅ローン」だということです。

 

家づくりを検討する方のほとんどは、住宅ローンを利用されます。

しかしみなさん、住宅ローンは「借りられるかどうか」「いくら借りるか」が問題だと思っていませんか?たとえ同じ額を借りたとしても、「借り方」によっては実際に払うお金に何百万もの差が出るということを理解されていますか?

たとえば、3,000万円の住宅を金利3%(全期間固定)35年のローンを組めば、その返済総額は、48,490,768円になります。仮に、同じ額を借りても金利がたった0.5%上昇しただけで、その返済総額は52,074,257円になります。

その返済総額の差は、何と3,583,489円にもなるのです。

人生で一番高い買い物は「家」なのではなく、「住宅ローン」である事がご理解していただけると思います。

そんな住宅ローンで最も大事な「金利」は常に変動しており、「借りる時期」によって返済金額が変わります。そして、「金融機関によっても金利は異なる」ことも重要な注目ポイントです。

 

【結論】
家づくりで大切なのは、「きちんとした資金計画を立て、“あなたに合った最良な住宅ローン”を組むこと」なのです。

 

共和木材が「お金の話」を最初にする理由

ウェブサイトからのお問い合わせや見学会などでお客様とお話をする機会があった場合、共和木材では、必ずお金の話をさせていただきます。
プライバシーにも関わることですので、もちろんお客様が話したくない事はお話しいただかなくても結構です。ただ、お客様にとって「いつ建てるのが一番良いタイミングか」「どのくらい借りると、どういう家が建てられるか」など、お客様によってそれぞれ異なる事情をふまえたアドバイスを、たとえ初対面の日であってもざっくばらんにお話しすることが、共和木材の基本スタイルのひとつです。
こうすることには、様々な目的があります。

■早い段階で状況を聞き取りすることで、住宅ローンの選択の幅をもたせることができる

 =”最良な住宅ローン”を選択し、無駄な出費をなくします

■住宅資金を最初に明確にすることで、その中で「最大限に良い家」を提案できる

 =希望を聞くたびに追加料金がふくれあがる・・・ということが一切ありません

■話しにくいお金の話を最初に解決したら、あとは楽しい家づくり♪

 =徹底的な資金計画のあとは、思う存分家づくりをお楽しみください

家づくりは、夢があって楽しいものです。
「こんな家にしたい」「あんな設備をつけたい」希望は沢山あって当たり前。でも、あれやこれやと希望を聞くだけ聞いておいて、無理して無謀な住宅ローンを組んだり、「オプション料金が発生しますので現金で払ってください」などと後から言うようなやり方は絶対にしたくありません。

「最初にお金の話をします」と言うとちょっと警戒されるかもしれませんが、「家づくりに用意する額は〇〇円」と明確にすることは、共和木材として「この範囲内で出来るいちばん良い家」を提案できますし、お客様にとっても「どのくらいお金がかかるか」という不安が最初に解消され、双方にとって良い結論が導き出せるはずです。

お金の事を理解していただくために共和木材では資金シミュレーションソフトを使用して、お一人お一人に合った資金計画をしていきます。

 

是非、随時開催している資金計画セミナーにご参加下さい。

ページトップへ